ホーム > スタッフ紹介 > 黒川 純明

社後は情報システム本部に所属し、社内システム開発やWMS(倉庫管理システム)の担当、店舗システム開発プロジェクト、新物流センター構築プロジェクト、CTI導入プロジェクトなどを兼任。
2012年から受託事業本部で受託業務のシステムサポートを担当。
「すべてはお客様の笑顔の為に!」をモットーに日々邁進して参ります!

【座右の銘】(好きな言葉)

成功(SUCCESS)が努力(WORK)より先にくるのは辞書の中だけである。
私たちの人生は、私たちが費やした努力だけの価値がある。

 


襷をつなごう!

2014年01月22日

こんにちは。
ベルーナBiz システムコーディネーター の黒川です。


2014年度が始まり、この前までお正月気分だったと思ったら、
早いもので1月も中盤になりました。暦の上では「大寒」となります。

「大寒」とは、二十四節気の24にあたり、寒の内(小寒から立春前日)の中日で
『1年間の中で1番寒い時期』と言われています。
そう言えば、最近急に寒くなりましたよね。
皆様、風邪など引かないように、体調には十分気を付けてくださいね。


さて、少し日にちは経ちましたが、今回は今年のお正月に思ったことをお話しようと思います。

お正月といえば、私の大好きなスポーツがあります。
 
 

 
それは、『箱根駅伝』です。
 
しかも、毎年沿道へ観戦しに行っているくらいハマっています。。。
 

学生時代に陸上競技で長距離をやっていたこともありますが、
この大学の選手はどの高校出身だとか、ベストタイムはどれくらいで、1年にどれくらい
記録が伸びたとか、卒業後はどの実業団に入ったとか。。。
ちょっと珍しがられるほどです。

だから、この時期になると非常にワクワクするのです。

普通の人は、正月だから何となくテレビで見ていたり、
「何でこんなに苦しい競技をやっているのだろう」と思うかもしれませんね。
 

 
駅伝は、通常は個人競技である陸上競技が『襷をつなぐ』ことでチームスポーツに変わります。
1年間、個人がそれぞれ自分の目標に向かって努力をして、本番に照準を合わせて力を出し切り、
自分の役割を理解しながら次に待つ仲間の為に1秒でも前に進み、
それが実を結んだ時にチームの成果となります。
その中には、補欠にまわって選手のサポートをする人も含まれます。

また、上位10校に入らなければシードを獲得できませんので、
シードを取れなければ、翌年は予選会からのスタートとなります。

次の年の後輩たちのためにも、
 もう一つの『襷をつなぐ』のです。



私たちベルーナBIZでは、物流やコールセンター代行の業務を行っています。
常々、「私たちはクライアント様の一部門である」と思いながら、
クライアント様に貢献していきたいという考えをもって仕事に臨むように心掛けています。
まさに、一つのチームと思っています。

今回箱根駅伝を見て、あらためてクライアント様やお客様のことを思う気持ちや
チームワークの大切さ、自分の役割をしっかり果たすことの重要さを再認識致しました。
もっと、感謝の心を持ちながら頑張らないとけませんね。
 

 
ひたむきに走る選手たちを見ながら、私自身も自分の仕事に対する取り組み方を顧みる
良いきっかけとなりました!